【懐かしい老舗喫茶店の味♪】簡単で美味しいナポリタンの作り方

21

スパゲッティナポリタン。

イタリア人の方々からすると、アメリカンなケチャップでパスタを炒める日本のパスタ、と想像するだけで「なんて邪道な料理だ!勝手にナポリを名乗って」と思われるのかもしれませんが…(笑)、
日本では有名で人気のあるパスタのひとつです。

甘みのあるどこか懐かしい味わいで、時々無性に食べたいなぁと思うことがあります。
そんなナポリタンも、当初はケチャップは使っておらず、トマトソースベースのパスタだったんですね。

誕生は横浜山下町にある老舗ホテル「ニューグランド」。
第二次世界大戦前後、米兵がパスタに塩こしょうとケチャップをかけて食べているのを見た当時の総料理長が、具材や味をアレンジして完成させた一品がナポリタンだと言われています。
ただしホテルの料理としてケチャップで味付けをするのには抵抗があったのか、ベースは生のトマトで、そこにたまねぎ、ニンニク、トマトペースト、オリーブオイルを入れて作ったオリジナルのソースが使われていたと言われています。
当時生のトマトは高級で手に入りづらかったようですし、この材料から想像するに、きっと上品なお味のパスタとして振舞われたのではないかと思います。
ちなみにこのパスタは、今でも「ニューグランド」の1階にあるカフェで、当時と変わらない味をいただくことができるそうです。

その後、トマトケチャップで作られた、いわゆる一般的な「ナポリタン」が大衆化し浸透していくことになります。
喫茶店などの本格ナポリタンは、あの独特のもっちり感を出すために茹でた麺を一晩寝かせたりするそうですよ。もちもちした麺と甘酸っぱいケチャップのソースの相性が絶妙で、とても美味しい一品です。

・・・と、ナポリタンの歴史を垣間見ると、またまたナポリタンが食べたくなってくるのですが、
お家で作るときはたいてい「よし、ピーマンがあるからナポリタンにしよう!」と思い立って作ることが多く、麺を寝かせる時間はなかなか考えづらいと思います。
そんな時は、ポイントは麺をしっかり茹でること。アルデンテではなく、規定の時間、しっかり茹で上げましょう。
それだけで、むっちり膨らんだ麺を用意でき、本格的な仕上がりになります。

本日の食卓に、スパゲッティナポリタンはいかがでしょうか。

材料

  • パスタ … 100g
  • 水 … 1000ml
  • 塩 … 小さじ1/2
  • たまねぎ … 1/4個
  • ピーマン … 1個
  • ウィンナー … 3本
  • にんにく … 1片
  • オリーブオイル … 大さじ1
  • トマトケチャップ … 大さじ4
  • ウスターソース … 大さじ1
  • 粉チーズ … 適量
  • ディル … 適量

数量:
1人分

調理時間:
30分

予算:
約400円

難易度:
☆☆

作り方

1 鍋にお水(1リットル)と塩(小さじ1/2)を入れ、沸騰させます。
 沸騰した鍋にパスタを入れ、規定の時間通りに茹でます。

2 パスタを茹でている間にソースを準備します。
 たまねぎ(1/4個)は5㎜程度のスライスにします。
 ピーマン(1個)は5㎜程度の細切りにします。
 ウィンナー(3本)は2~3等分に斜めに切り分けます。
 にんにく(1片)は1㎜程度のスライスにします。

3 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火で熱します。
 にんにくの香りが立ったら中火にし、ウィンナーとたまねぎを入れ、炒めます。
 たまねぎがしんなりしたらピーマンを入れ炒め合わせます。

4 パスタが茹で上がったら水を切り、3)のフライパンに入れます。
 パスタにケチャップとソースをかけて混ぜ合わせたら、全体を軽く絡めて出来上がりです♪

5 器にパスタを盛り、粉チーズをかけ、ディルを飾ったら出来上がりです♪

 
記事一覧

MIMI’S KITCHEN

こちらのブログはCHRYSAN&ANTHEMUMが、和食をテーマに、誰でも気軽に、ちょっぴりおしゃれに、 そして美味しくをコンセプトにレシピを紹介しています。 ご覧いただいた方に少しでも興味を持っていただけるよう...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。