【テーブルコーディネート】「土用の丑の日」のおもてなし

40

作品No.003 「土用の丑の日」のおもてなし

さて、今回3作目は、37~39作目の料理に合わせたテーブル。
「土用の丑の日」にちなみ、「うな丼~香味野菜の混ぜご飯~」をメインにした食卓ということで考え始めました。
ちなみにこれまた、料理を作ったり、YouTubeに公開したりしたのは7初旬のことなのです。
ブログの更新だけすっかり遅れ、1度目の土用の丑の日(2020年7月21日)は過ぎてしまいました・・・!

でも、今年は丑の日がもう一度8月2日にやってきます。なんという幸運。
それまでにご紹介させていただきたいと思います。
メインは先ほどもご紹介しましたが「うな丼」。我が家では、こってりしたうな丼に香味野菜の
まぜご飯を合わせるのが好評で大体この組み合わせで作りますが、意外とみじん切りの作業などに
時間がかかります。
そんなときは副菜とお吸い物はできるだけ簡単に。
冬瓜のスープは煮込むほど美味しいので最初に作ってコトコトと煮ておきます。
紫キャベツとたこのマリネは彩りを添えてくれますしさっぱりした味でバランスもいいのかなと
思います。

そしてテーブルコーディネート。
和食が続きますが、2作目の淡いカラーで統一したテーブルとは少し雰囲気を変えたかったので、
今回は「黒」をメインカラーにしました。
ただ、夏の黒は重たくなってしまいそう…そんな失敗を回避すべく、ガラスやシルバーを使うことや
”夏のお祭り”を連想する鮮やかな「黄色」や「紫」を取り入れることで、全体を夏らしくまとめる
ことに決めました。

ちなみに「黄色」や「紫」を取り入れようと思ったのは「うな丼の錦糸卵」や「紫キャベツ」や
「たこ」の色にも繋がるからですが、このような感じで料理、ドリンク、お花やメニューカード
などで”色を繰り返す”ことで、統一感は生まれるんですね。色々試しながら改めて感じました❣

器は、とうしょう窯で購入したガラスの小鉢をメインに。
大きすぎないサイズの丼ぶりでとても重宝していますし、ガラスに厚みがあるのでとても華やか!
ラインが白と黒のものがあり、お椀の色も白と黒があるので、互いに色違いになるようにセット
しました。
器以外のものなど、詳細は下記にてご紹介しております。

最後に、センターピースについて。ちょうどいいものがなくて最後まで悩みましたが、
アイテムを使いすぎるとテーブルにまとまりがなくなってしまうと思い、
今回はDAISOで買っていた「白蝶貝」という名前のひもを使いました。
控えめな輝きながら、テーブルにラインが入ると印象が引き締まりますね!

ひもの両端にコットンパールを付けて重みが出るように(ひもがヨレず真っすぐかけられるように)しています。

自由な発想で楽しめるのがテーブルコーディネートの楽しいところだと思いますので、
リボンやひもの使い方などもさらに勉強したいなと考えています!ぜひご参考になれば幸いです☺❣

コーディネートに使用したもの

  • テーブルクロス:Axel Japan
  • プレースマット:chilewich
  • 折敷:会津塗 福西漆器店 折敷
  • 器:スガハラ 「ドロップレット」
  • 小鉢:とうしょう窯 ガラスボウル「純」
  • ガラススクエアボウル:ナハトマン「ボサノバ」
  • 椀:光琳堂 越前塗
  • 箸:三越
  • 箸置き:とうしょう窯
  • グラス:ボヘミアンガラス
  • リネンナプキン:Axel Japan
  • フェイクフラワー:east side tokyo
  • フラワーベース:ACTUS
  • メニューカード:ハンドメイド
  • フィギュア(ひも・はぎれ):DAISO
  • タイル:NATURAL KITCHEN


Main color:Black

■ Sub color:Yellow
■ Accent color:Purple

このコーディネートに合わせたレシピ

☝レシピタイトルをクリックするとブログ内のレシピがご覧いただけます☺

ドリンク

チリ スパークリングブリュット マウレヴァレー
特に暑いこの季節は、飲み口がすっきりとした発泡性のドリンクを食事に合わせたいもの。
このスパークリングワインはシャルドネ100%で「うなぎの蒲焼きなどのコクがある料理にも合うしっかりした飲み心地」ということで友人のソムリエにセレクトしてもらった1本です。

生活の木 ハーブコーディアル
コーディアルとは、ハーブや果物をシロップに漬け込んだ濃縮飲料で、こちらはノンアルコールです。
紫色の差し色にもなるので「有機マキベリー&カシス」のフレーバーを選びましたが、甘酸っぱい味わいは夏の火照った身体にぴったりです。
スパークリングワインで割ると食前酒のような絶妙な甘みになり食欲が湧いてくる感じがします。食事が進むので、ぜひお試しください。
ノンアルコールドリンクは、無印良品の水出しハーブティー「マスカット&グリーンルイボス」で爽やかに。

テーブルクロス

黒のリネンを使いたくて、真夏の夜空を表現しようと決めました。
暗くならないようにプレースマットのシルバーや光沢感のある黒の折敷で明るい雰囲気に仕上げます。
白い光沢のあるひもも、控えめに雰囲気をまとめてくれています。

テーブルナプキン

黒をベースにしたテーブルなので、全体が暗くなりすぎないようナプキンは白を選びました。
生地には細かなシルバーのラメが縫いこまれていてとても綺麗で、夜空に輝く星のような雰囲気を演出してくれています。

カトラリー&カトラリーレスト

箸頭がシルバーの箸を合わせ統一感を出して。
シルバーを多用することで、全体の雰囲気をまとめつつ涼し気に。

グラス&タンブラー

ボヘミアンガラスのシャンパングラス。
コーディネートで使うものは、セールの時期に探しに行くことが多いです♪
思わぬ掘り出しモノに出会えたり、アイディアがひらめいたり、いろんな楽しみ方があります。

フェイクフラワー

夏らしい明るい紫とイエロー、白で爽やかに。
east side tokyo で購入しましたがフェイクフラワーのイメージが一新するほど美しいお花ばかりでした。
籐で編まれたフラワーベースも夏らしくて気に入っています。

メニューカード

テーマカラーのひとつ、紫色の分量が足りなかったので、メニューカードを紫色にしました。
メニューカードやナプキンは色を添えてくれる大切なアイテムでもありますね♪

「土用の丑の日」と言ってもいろんなアレンジが楽しめますね。
黒色のアレンジは初めてで難しかったのですが、バリエーションも豊富なので
もっといろいろ試してみたいなと思います!

なおYouTubeではセッティングの様子などをご紹介しておりますので、
あわせてご覧になり感想などお聞かせいただけると嬉しいです♪

記事一覧

MIMI’S KITCHEN

こちらのブログはCHRYSAN&ANTHEMUMが、和食をテーマに、誰でも気軽に、ちょっぴりおしゃれに、 そして美味しくをコンセプトにレシピを紹介しています。 ご覧いただいた方に少しでも興味を持っていただけるよう...

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。