【テーブルコーディネート】こどもと愉しむハロウィンナイト

32

作品No.009 こどもと愉しむハロウィンナイト!

こんにちは。Anthemumです。
今回9作目のテーブルは、59~62作目の料理に合わせたテーブル。
この時期ならでは!ハロウィンのテーブルを作りました。

私は夫婦二人ぐらしですので例年のイベントごとと言ったらお互いの誕生日、記念日、クリスマスぐらいで、
ハロウィンは割とスルーすることばかりなのですが、今年は3歳を迎える姪っ子が半年ぶりに
遊びに来てくれることになり、姪っ子を喜ばせたい一心で作りました。

コロナの影響で遊びに出掛けられないので、その分お家でワクワクするようなテーブルを作りたいと
はりきってしまい、ついつい、いろんなアイテムを買い過ぎてしまったようにも思います(笑)
だって、可愛いんです…!♡
今回のフィギュアのほとんどを「NATURAL KITCHEN」で購入しましたが、
本当にみんな連れて帰りたいくらい、愛らしい子たちが並んでいました。
動物やオバケたちは一通り連れて帰ったのではと思います。

あまりに登場人物が多くなってしまったので、物語を作ることに。
テーブル全体のテーマは「小人さんのハロウィンパーティー」。
テーブルランナー上を3つのパートに分け、それぞれの小テーマに合わせてフィギュアを飾ります。
小テーマは、
(1)「山の麓のカボチャ畑」(小人たちがカボチャを収穫中)
(2)「森の中」(動物たちがおしゃべり)
(3)「小人たちの集落」(パーティーの準備中)

そこへ我が家にいるキイロイトリのピーくんとピーちゃんが、
小人さんたちのパーティーに参加するために魔法をかけてもらい
オバケに変身して遊びに来たということに。(姪っ子のお気に入りなんです☺)
姪っ子のことを思いつつあれこれと考えるうちに自分が愉しくなってしまいましたが、
趣向を凝らしたテーブル、喜んでくれるといいなぁ。

お料理はハロウィンのテーマカラー、オレンジ、パープル、ブラックを使って雰囲気を統一して。

それでは楽しいハロウィンの日になりますように―。
Happy Halloween‼

コーディネートに使用したもの

  • テーブルクロス:ハンドメイド
  • テーブルランナー:ハンドメイド
  • 器:とうしょう窯
  • カップ:ZARA HOME
  • カトラリーレスト:月夜野工房
  • カトラリー:ZARA HOME
  • グラス:RIEDEL
  • フェイクフラワー:east side tokyo
  • フィギュア:NATURAL KITCHEN
  • ナプキン:ハンドメイド
  • ナプキン用リボン:ハンドメイド
  • メニューカード:ハンドメイド


Main color:Purple

■ Sub color:Brown
■ Sub color:Black
■ Accent color:Orange

このコーディネートに合わせたレシピ

☝レシピタイトルをクリックするとブログ内のレシピがご覧いただけます☺

ドリンク

「バレル セレクト シャルドネ 2019」
今回料理に合わせたのは、何気なく買っておいた白ワイン。
ウニやホタテに合わせるためにスパークリングワインと迷いましたが、その日の気分に合わせ白ワインに決めました。
私もChrysanも白ワインが好きなので、白ワインの登場回数が多めですね。
アルゼンチンのボデガノートンで作られたシャルドネは洗練された味わいで驚くほどのクオリティです。コストパフォーマンスがよく、気軽に用意できるのでおすすめです。

テーブルクロス

メインカラーのパープルのクロスで華やかに。
テーブルランナーはブラウンのフェイクスエードで森の中をイメージしています。
いずれもハンドメイドです。

テーブルナプキン

「トマトレッド」色のナプキンは、厚さ1㎜のフェルト生地で、切りっぱなしでも糸のほつれがない特性を活かし、布の端は縫わずにパープルのステッチを入れています。

たくさんのフィギュアや色数でごちゃつきがちなテーブル。ナプキンは馴染む色で無難にまとめてもいいのですが、思いっきり鮮やかな色を差し、とことんにぎやかな印象に仕上げました。
折り方はとても簡単。「魔女の帽子」をイメージして三角に丸め、布の端は中に折り込みます。

カトラリー&カトラリーレスト

ゴールドの質感でハロウィンらしい華やかさをプラス。

グラス&タンブラー

白と黒のツイストが賑やかな雰囲気にマッチしています。
今回は装飾やセットが多かったので、背の高いワイングラスは安全のためにも一番最後にセッティングしました。

メニューカード

装飾にも使ったリーフモチーフのリボンを巻き付け、ちょっぴり不気味な雰囲気に仕上げました。

センターピース(1)

「山の麓のカボチャ畑」
こちらでは、よく見ると、小人さんたちがカボチャ畑にやって来てせっせとカボチャを収穫しています。
その様子を高台からフクロウが見守っています。

センターピース(2)

「森の中の動物たちの会話」
中央部分の小テーマは森の中。柳で作った空間は、まるで山林の中にいるような雰囲気です。
カボチャの灯台の下でおしゃべりしているのは、リスと愉快な仲間たち。
なにやら、今日行われるハロウィンパーティーのことについて話をしているようです♪

センターピース(3)

「小人たちの村」
一番奥のパートは小人たちの村をイメージ。いくつかの家の集まりがあり、小人さんたちは宴の準備中です。
ちなみに海外の友人がくれたブランデーの木箱は、小人さんの小屋の雰囲気にぴったりです。
たくさんのアイテムを使うので、ナプキンと同じフェルトのはぎれやリボンを使い色味の分量を調整しています。
集落のなかにぽっかり大きな空間が空いていたのは、収穫したカボチャで作ったプリンを運んでくるためだったんですね♪

プラスワンアイテム

「いざ パーティーへ!」
さて、小人さんたちのパーティーの準備も無事に完了。
そこへ丁度「オバケタクシー」に乗って到着したのは、このパーティーにお呼ばれした、キイロイトリのピーくんとピーちゃんです。
パーティーに参加するために魔法をかけてもらいオバケに変身したのだとか。
後部座席に楽しそうに座り、なにやらたくさん抱えているのは村にいるみんなへ配るおみやげのようです。
さぁ、小人さんたちのハロウィンパーティーのはじまりはじまり~!

YouTubeではテーブルセッティングや料理をサービングする様子などをお届けしております☺
ぜひご覧になり感想をお聞かせいただけると嬉しいです!

記事一覧

MIMI’S KITCHEN

こちらのブログはCHRYSAN&ANTHEMUMが、和食をテーマに、誰でも気軽に、ちょっぴりおしゃれに、 そして美味しくをコンセプトにレシピを紹介しています。 ご覧いただいた方に少しでも興味を持っていただけるよう...

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。