【簡単おつまみ!】揚げ出し豆腐の作り方/木綿でつくるふわふわ感♪

33

豆腐は、おそらく海外の方からもとても人気なヘルシーフードです。
日本でも同様に、食生活を気にする方やダイエットする人の味方としても、不動の地位を築いています。

改めてそのそのカロリーを調べてみると、絹豆腐は100gで56kcalです。
カロリーは低く、柔らかいので生の状態で食べられることが多いです。
木綿に比べるとビタミンB群やカリウムが豊富と言われます。

一方、木綿豆腐のカロリーは、100gあたり72kcalです。
絹豆腐に比べて水分量が少なく、腹持ちがよいのが特徴です。
栄養も凝縮されていて、タンパク質、鉄分、カルシウムが豊富です。
白米100g(子ども茶碗1杯)あたりのカロリーが170kcalとされていますので、もし白米を減らして豆腐を主食にするのであれば、かなりカロリーを抑えることができると言えそうです。

ただし、炭水化物や脂質も含むので、食べ過ぎるとカロリーオーバーに!
やはり何においても適度に食べて、バランスのいい食生活にしていけるといいですね!

そんな豆腐ですが、味はほんのり豆の香りがする程度。
控えめな風味でクセがないのも魅力のひとつです。
そのため、どんな食材とも相性がよく、和食の他にも、グラタンやお肉の代わりにハンバーグにするなどの洋食や、麻婆豆腐などの中華、お菓子にも使われます。
さまざまな調味料に溶け込んで料理を引き立てる、まさに変幻自在の万能食材!
今日はどんな料理を作ろう?
いろんなレシピに応用ができるので、料理の幅が広がりますね♪

そんな豆腐で、まずは和食の基本のこの一品、揚げ出し豆腐はいかがでしょうか。

材料

  • 木綿豆腐 … 1丁(200g)
  • 塩 … 小さじ1/2
  • 片栗粉 … 大さじ1
  • しそ … 2枚
  • 大根 … 4cm分
  • みょうが … 1個
  • 生姜 … 1片
  • サラダ油 … 100ml

-だし-
a)だし … 1袋
a)水 … 200ml
a)しょうゆ … 大さじ1
a)みりん … 大さじ2
片栗粉 … 小さじ1
水 … 小さじ1

数量:
2人分

調理時間:
30分

予算:
300円

難易度:
★★☆☆☆

作り方

1 木綿豆腐を2~3cmの厚みになるように4~6等分に切り分けます。
 断面に塩をまぶし、キッチンペーパーで包み、お皿などで重しを置いたら10分ほど置いておきます。

2 その間に、大根、生姜はそれぞれ皮をむいて、すりおろします。
 みょうがは赤い皮の部分のみむいて千切りにします。

3 出汁を用意します。
 調味料(a)を鍋に入れ、沸騰したら2~3分煮立たせます。
 だしパックを取り除き、弱火にし、片栗粉(小さじ1)を同量の水で溶いて回し入れます。
 軽くかきまぜ、とろみがついたら火は止めます。

4 豆腐は10分経ったらキッチンペーパーで包み、しっかり水気を拭き取ります。
 サラダ油をフライパンに注ぎ中火(160℃)で熱します。 
 豆腐の断面すべてに、片栗粉(大さじ1)を均一にまぶしたら、そっとフライパンに入れて揚げます。
 途中、裏表、左右をひっくり返し、全面がまんべんなくきつね色になるまで揚げます。
 きつね色になったら取り出し、油を切ります。

5 続けて、洗ってよく水気を拭いた大葉を油に入れ、10~20秒ほどカラッと揚げます。

6 最後に(3)の出汁を温めなおします。
 お皿に豆腐、みょうが、大根おろし、生姜おろしを盛り、脇からだしを注ぎます。
 しそを飾ったら出来上がりです♪

 
記事一覧

MIMI’S KITCHEN

こちらのブログはCHRYSAN&ANTHEMUMが、和食をテーマに、誰でも気軽に、ちょっぴりおしゃれに、 そして美味しくをコンセプトにレシピを紹介しています。 ご覧いただいた方に少しでも興味を持っていただけるよう...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。