納豆とツナのパスタ

44

本日は納豆とツナの和風パスタ。
枝豆のポタージュ、サーモンと胡瓜の柚子マリネときて
こちらがメインディッシュです。

実はこの納豆パスタが作りたくて他の料理を考えました―。

納豆パスタはソースと他の具材によって味わいが大きく変わります。
大根おろしとポン酢をたっぷりかけるようなレシピも美味しいですが、
本日は数あるレシピの中でもとりわけパンチを効かせた味わいに仕上げています。
ガーリックの風味としっかり絡めたツナソースのハーモニーが絶品です!

納豆はお好きなものを使うのが一番ですが、
もし迷われたときは、ひきわり納豆で試してみてください!
混ぜるとふんわりし食感も滑らかになります。
ソースやパスタとほどよく混ざり、納豆の旨みが際立つので
納豆を選ぶときはぜひ、こだわってみてください。

ちなみにASMRでは耳元で納豆をかき混ぜられているような
フワフワと空気が入っている音まで聴こえてきます❣驚きです☺‼!
ぜひ聴いてみていただけると嬉しいです♪

ちなみに、パスタはフェデリーニぐらいの細麺がおすすめです。
これも、平麺から普通麺、細麺と色々試した結果、
絶妙にひきわり納豆と合い軽やかな仕上がりになるので
フェデリーニが美味しいなという結論に至りました。
自己満足かもしれませんが、少しでもいいなと思ったレシピを
ご紹介できればいいなと思っています♡

さて、パスタが茹で上がったらすぐにソースが入ったボウルへ。
バターでコクを加えてとろみも増し、ツヤ出しにもなりますので、
パスタが熱々のうちにバターを溶かすようにしっかりと和えてください。

気になられた方は、ぜひお試しいただき感想をお聞かせいただけると嬉しいです!

材料

  • パスタ(フェデリーニ使用)… 180g
  • 水 … 1500ml
  • 塩 … 大さじ1
  • ひきわり納豆 … 2パック
  • にんにく … 1ケ
  • 唐辛子(種抜き)… 2本
  • ツナ … 1缶
  • プチトマト … 6ケ
  • 大葉 … 4枚
  • オリーブオイル … 大さじ1
  • ゆで汁 … 50ml程度

~パスタ用~

  • 麺つゆ(希釈用)…大さじ1
  • バター … 10g

数量:
2人分

調理時間:
30分

予算:
500円

難易度:
★★☆☆☆

作り方

1 大葉を重ねて丸め、千切りにします。
 にんにくはみじん切りにします。
 プチトマトを4つに切ります。
 ひきわり納豆は添付のタレと辛子を加えてよく混ぜておきます。
 ツナ缶は蓋を開けておきます。
 

2 パスタソースを用意します。
 大きめのボウルに麺つゆとバターを入れておきます。
 *麺つゆは希釈用を希釈せずに使います♪コクが出て美味しいです。

3 鍋に水を入れ、お湯を沸かします。

4その間に、具材を用意します。
 フライパンを弱火で熱して、オリーブオイル、にんにく、唐辛子(種を抜いたもの)を入れ、
 にんにくの香りが立つまでじっくり炒めます。
 中火にしてツナを入れ、実が大きい部分があればほぐしながら、火を通します。
 納豆を加え、全体と軽く炒め合わせます。

5(3)の鍋のお湯が沸騰したら、塩とパスタを入れ、規定の時間通り茹でます。
 茹で上がる3分前ぐらいになったら、(4)のフライパンにプチトマトとパスタのゆで汁を加えて全体をゆるめます。ゆで汁が全体になじんだら火を止めます。

6 お皿に柔らかくパスタを巻いて盛り付け、(5)を盛り付けます。
 千切りにした大葉を乗せ、唐辛子を飾ったら完成です♪ 

 
記事一覧

MIMI’S KITCHEN

こちらのブログはCHRYSAN&ANTHEMUMが、和食をテーマに、誰でも気軽に、ちょっぴりおしゃれに、 そして美味しくをコンセプトにレシピを紹介しています。 ご覧いただいた方に少しでも興味を持っていただけるよう...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。